ウドの大木になる前に。。

        料理 うど

ウドが届きました。大きくなり過ぎる前のウドは、若葉は天ぷら、茎は皮を剥いてサッと湯がいて梅肉で、むいた皮はきんぴらでと、捨てるところのない優等生です。

(ウドは1.5メートル前後の大きさに育つが、茎が太く育った頃には食用にもならず、また茎が柔らかすぎて木材にも適さないということから、転じて「図体はでかいが中身が伴わず、役に立たないもの」のたとえ)なそうです。。