ラムサール条約の登録湿地、登米市伊豆沼、内沼。。

  

登米市と栗原市にまたがる伊豆沼、内沼。1985年に渡り鳥のための国際的に重要な湿地としてのラムサール条約の登録湿地となっております。ガン、白鳥、鴨がたくさん飛来してきています。これからは白鳥が、沢山増えてきます。当館から車で約30分。早朝には壮大ながんの飛び立ちが観察できます。