寺池城址公園

伊達家寺池城跡、 宿から徒歩5分 [寺池城(宮城県)] 築城については定かではないが、慶長9年(1604年)伊達氏の重臣白石宗直が入場すると、以後、登米伊達氏が明治維新まで居住した。城郭は丘陵の先端部に位置し、北端の最高所を空き地とし、その南側を本丸、さらに南側を二の丸とした。丘陵の周囲には西・南・東側に水堀を廻らせた。居館は本丸にあり、周囲を土塀で囲んで南端に重層の大手門を構えた。現在、本丸は裁判所、二の丸は登米懐古館の敷地となり、周囲の堀も埋め立てられて道路となっている。平成12年(2000年)に二の丸の一部が寺池城址公園として整備された