米川の水かぶり、、間もなく開催。。

  

【ユネスコ無形文化遺産】【国指定重要無形民俗文化財】
火伏の奇祭「米川の水かぶり」
<開催日> 令和2年2月9日(日)

国指定重要無形民俗文化財の米川の水かぶりは、古くから伝わる火伏せ行事です。初午の日に顔にかまどの煤を塗り独特の藁装束を身に纏った神様の使いが、家々に水を掛けながら町中を走り抜け祈願します。人々は水かぶりの男達から装束の藁を抜き取り、我が家の屋根に上げて火伏せのお守りにします。

<無料シャトルバス>
登米市役所迫庁舎前(登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1)と東和支所前(登米市東和町米川字六反55番地1)から無料シャトルバスを運行します。
仙台方面から高速バス(東日本急行)でお越しの方は迫庁舎、自家用車でお越しの方は迫庁舎または東和支所からお乗りください。
※登米市役所行き高速バスはとよま総合支所行きと間違えないようお気を付けください。

宿よりは車で約20分。。