水沢県庁記念館

 【 水沢県庁記念館】 宿から徒歩5分。 明治の廃藩置県で、明治四 年(1871)に宮城県の北部と岩手県の南部を管轄する地域を登米 県と称し、この町に和洋折衷建築の登米県庁舎が設置されました。明治八年(1875)、庁舎が一関に移されるまで使用されました。その 後、建物は小学校や治安裁判所などに使用されました。